カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

メールマガジン

メールアドレスを入力してください。


店長コーナー

伊藤 悦男



Dr.伊藤のクチャ開発
螢泪奪トリート社長


専ら大学で病気の研究をしていた私ですが、マイクロスコープ越しに偶然、沖縄の超微粒子泥灰岩 ”クチャ”に出会ったのです。その秘められた”クチャ”の力に興味を感じ調べていくうちに美容にも有効なことがわかりました。多くの皆様に”クチャ”の持つ力を知ってもらいたくて、クチャを化粧品として開発/商品化しました。

 






  

店長日記はこちら

Feed

  • RSS
  • ATOM

   **** 沖縄では、日本に復帰する頃までは 「くちゃ」 と呼ばれる沖縄の粘土で髪を洗っていました。 ****


そしてアロエやハイビスカスなどの液を用いて頭髪のリンスをしたり、皮膚の障害の手当をしてきた歴史があります。


これらはいずれも沖縄特産と言える素材であり、現在も昔の方法を懐かしがる人達が多くいます。


マックトリートでは、琉球大学で科学的に研究された結果に基づき化粧品素材を正しく処理して、新しい製品として開発いたし


ました。素材は自然物のみからなり、身体や環境にもやさしい製品作りを心がけています。


■ マックトリートの製品は、健康美容を目標とした スパ/エステティック 施設や全国美容業界で活躍しています。

 


【 伊 藤 悦 男 プ ロ フィ ー ル  】


1960年 鳥取大学医学部卒業


昭和47年から平成13年3月まで琉球大学医学部医学科病理学の教授を勤める。


1972年、医学部教授就任後、長年、がん細胞の病理診断に携わると共にがん細胞に対する食物の作用機序について研究。


同大学を定年退官後 株式会社マックトリート を設立。


琉球大学勤務時代に研究した沖縄の天然素材の身体に与える影響などの研究結果に基づき、これらを利用した新しい健


康食品や化粧品/産業資材など、身体や環境にやさしい製品の開発・製造を始める。


 現在、医師として介護老人保健施設「おおざと信和苑」で施設長を務めるかたわら、病気研究


     や病理組織診断を通じて地域医療に貢献している。


■ また、地域小学校の理科授業では沖縄粘土クチャの持つ力をアピールすると共に[墨汁を溶いた液でクチャの吸着実験]         


   を行うなど、次世代に沖縄の郷土資源への関心を高めている。



         写真  −佐敷小学校での授業風景
 (沖縄県南部在) − 

        



 
会     社    名  : 株 式 会 社 マ ッ ク ト リ ー ト


英  文  商  号  : M A C T R  E A T Co.,Ltd.)


会  社  設  立  : 平成14年 4月 4日


代 表 取 締 役 : 伊 藤 悦 男


会 社所在地 : 沖 縄 県 島 尻 郡 八 重 瀬 町 字 長 毛 3 3 9 番 地 -1 〒9 0 1−0 5 0 1


― 事  業  内  容 
 

1. 化  粧  品  製  造  販 売     : スマック ダブ シリーズ化 粧 品

2. 化 粧 品 素 材 製 造・販売  : 弊 社 特 許 製 法 による クチャ製 品  [ クチャ クレイ ミネラル ]

                      [ 精製 クチャ・ツイギー ]  [ 精製 クチャ・ブ ロック ]

3. 健  康  食  品  の 開 発 : 大 学 勤 務 時 代 の 研 究 データーに 基 づ いた  [ 米糠エキス製 造・販 売 ]


 

お問い合せはこちらから

大きな地図で見る